wiki:Ja:Download

ダウンロード

このページでは、JOSMの基本的なインストール手順とトラブルシューティング情報を提供しています。 JOSMの作業を開始するには、JOSMことはじめメインヘルプページを参照してください。 非常に複雑な問題については、Installation Notes (en)を参照してください。

推奨オプション

source:trunk/resources/images/openlocation.svg josm.jnlpを起動する(最新のテスト済みバージョン)
推奨バージョン、すべてのプラットフォーム、最新のテスト済みバージョンへの自動アップデート (how to start)。

source:trunk/resources/images/download.svg josm-tested.jarをダウンロードする(テスト済みバージョン 17428)
すべてのプラットフォーム (how to run)。

すべてのダウンロードオプション

JOSMのチームは毎月テスト版リリースします。 このテスト版では、MS WindowsおよびApple Macの亜種が作成されています。 josm.jnlpをクリックしてJOSMを起動すると、常に最新のテスト済みのバージョンが取得されます。Java Web Start (en)メカニズムを使用しています。

毎晩ビルドシステムが最新バージョンを生成します。 これらのバージョンは重大なエラーが発生することがあります。しかし、ほとんどの場合はうまくいきます。 最新版では、Web Start版も利用できます。

すべてのオペレーティングシステム Development
バージョン Web Start Download Windows Apple Mac Ubuntu, Debian… openSUSE Jar / Javadoc / Source
テスト済み版 17428 josm.jnlp josm-tested.jar
josm-setup.exe
(下記参照)

package.zip
(下記参照)
下記参照 下記参照 org.openstreetmap.josm:josm:17428
開発版 17475 latest.jnlp josm-latest.jar 下記参照 スナップショットを使用する
過去バージョン download/ dists/ テスト済み版

スクリプトを実行する際には、最新テスト済み、またはその両方をチェックして、ダウンロード帯域幅を減らしてください。

Strip translations
ダウンロードサイズが問題である場合、テストされたバージョンのより小さいファイルが利用可能です。日本語のみを含むダウンロードの場合、?lang=jaをURLに追加します。翻訳を1つのみ含めるには、jaをあなたが望む言語コード (en)に置き換えます(最初の文字は小文字、サポートされている言語のみ)。また、?unsigned=1を追加して署名情報を取り除くことで、ファイルサイズをさらに減らすことができます。

Linuxリポジトリ

Debianベースで主にUbuntu用のJOSM

このパッケージリポジトリはUbuntu用です。他のDebianベースの(特にUbuntuベースの)ディストリビューションでも動作するはずですが、Ubuntu以外のディストリビューションではあまりテストやメンテナンスをしていません。

Ubuntuリポジトリには二つのパッケージが含まれています:

  • josm - テスト済み版を提供します(安定版)。公式のUbuntuリポジトリのパッケージを置き換えます。
  • josm-latest - 最新版(nightly)。josmパッケージと並行してインストールできます。デフォルトの設定フォルダは ~/.josm-latest です。

以下で説明する通常の手順に加えて、古いDEBはアーカイブから手動でダウンロードできます。

インストール

パッケージリソースリスト /etc/apt/sources.list を編集してください:

sudo editor /etc/apt/sources.list

利用中のUbuntuのバージョンに応じた行を追加してください:

deb https://josm.openstreetmap.de/apt bionic universe
deb https://josm.openstreetmap.de/apt disco universe
deb https://josm.openstreetmap.de/apt eoan universe
deb https://josm.openstreetmap.de/apt focal universe
# その他のDebianベースのディストリビューションでは以下を追加:
deb https://josm.openstreetmap.de/apt alldist universe

これに代えて、次の一行で行うこともできます(Linux MintのようなUbuntuベースのディストリビューションでは使えません):

echo deb https://josm.openstreetmap.de/apt $(lsb_release -sc) universe | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/josm.list > /dev/null

またはLinux Mint用:

echo deb https://josm.openstreetmap.de/apt $(grep ^DISTRIB_CODENAME= /etc/upstream-release/lsb-release| awk -F = '{print $(2)}') universe | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/josm.list > /dev/null

公開鍵をダウンロードして登録してください:

wget -q https://josm.openstreetmap.de/josm-apt.key -O- | sudo apt-key add -

ソースを更新します (sudo apt-get install apt-transport-httpsを実行する必要があります)

sudo apt-get update

インストールします

# これらのパッケージが以前にインストールされていない場合は、この最初の行をスキップできます。
sudo apt-get remove josm josm-plugins

# テスト済み版の場合
sudo apt-get install josm
# 開発版の場合
sudo apt-get install josm-latest

GNU Debian

JOSMのテスト済み版は、セクション utilsmain の下にあります。

backports リポジトリを使用して最新版を取得してください。また手順を参考にしてください。

openSUSE

JOSMのテスト版は、Application:Geoリポジトリにあります。

最初にrootユーザーとしてyastに追加するか、リポジトリをzypperで追加します(URLのバージョンを使用しているバージョンに置き換えてください):

zypper ar -f https://download.opensuse.org/repositories/Application:/Geo/openSUSE_15.0 Application:Geo

その後、josmjosm-fontsパッケージをインストールしてください。

トラブルシューティング

Java

jarファイルをダブルクリックしても何も起こらないとき、ほとんどの場合、これはJavaがインストールされていないことを意味します。

JOSMはOracles版でテストされているため、手動ダウンロードや中間バージョンのページからJavaを入手することをお勧めします。しかし、まずオペレーティングシステムと共に配布されているJava()を試してみてください。

ダウンロードを選択する際は、次の点に注意してください。

  • Webブラウザ用のJava Plug-inは、JOSMを実行するために必要ありません。したがって、www.java.com/ja/download/installed8.jspのようなページからの結果は関係ありません。
  • JOSMには64ビットのJavaバリアントが推奨されます。オペレーティング・システムのアーキテクチャーは、32ビット版か64ビット版Javaかを決める上で重要です。JOSMはWebブラウザのアーキテクチャの影響を受けないため、このページのほとんどの推奨事項はwww.java.com/ja/download/faq/java_win64bit.xmlとは関係ありません。
  • WebブラウザにJava Plug-inを配置するためのwww.java.com/ja/downloadのようなページは避けてください。これはJOSMにとって重要ではありません

詳細については、インストールノートおよびトラブルシューティングのページを参照してください。 ここでいう「Java」とは、JDK (Java Development Kit)を使用して開発され、時にJNLP (Java Network Launch Protocol、別名Web StartでJavaプラグインの後継) で起動されるJavaプログラムであるJOSMを実行するためのJVM (Java Virtual Machine)を提供する、JRE (Java Runtime Engine)を意味します。

Javaのテスト

Javaがインストールされているかどうか、JOSMが起動しない理由を確認します(主にMS Windowsの場合など)。

  1. josm-tested.jarをデスクトップにダウンロードします。
  2. ターミナルもしくはコマンドプロンプトを開きます。
  3. cd %homepath%と入力した後cd Desktopと入力します。
  4. java -versionと入力します。バージョンのデータを含む3行が表示されます。他に何か表示される場合は、Javaが正しくインストールされていません。
  5. java -jar josm-tested.jarと入力します。JOSMはコマンドラインから起動する必要があります。
  6. JOSMを終了します。
  7. josm-tested.jarと入力します。JOSMが再び起動すると、Windowsエクスプローラはjarファイルをダブルクリックして起動する準備が整います。

Web Start

Web Startの使用に問題がある場合は、まずJavaをテストしてから、以下に記載されているテストを実行するか、他の場所でWeb Start issuesを実行してください。Web StartはJava 9からOracleによって削除されたことに注意してください。その場合、OpenWebStartを別途インストールする必要があります。

Web Startのテスト

  1. josm.jnlpをデスクトップにダウンロードします。
  2. ターミナルを開き、上記のようにデスクトップに移動します。
  3. javaws josm.jnlpと入力します。これは最初にJOSMをダウンロードし、セキュリティダイアログを表示してからJOSMを起動します。
  4. それでも失敗する場合は、 javaws -verbose josm.jnlpと入力してください。これにより、まずJVMに関する情報を含むダイアログが表示され、次にJOSMが起動します。

仮想マシン

メモリ不足

今日では、コンピュータで利用可能なRAMが増えたため、Javaのメモリを手動で制御する必要はほとんどありません。 間違った値を選択すると、JOSMのパフォーマンスが低下する可能性があります。

いくつかのタスクでは、JOSMはメモリを大量に消費します。一方では、より多くのプラグインや機能をサポートするメモリサイズを設定する必要があるかもしれません。他方では、Javaのメモリ使用量を制限することで、遅いマシンを安定させることができます。 必要に応じて、 コマンドラインJavaオプション -Xmx…m を設定します。(例: -Xmx512m または -Xmx1536m ) 以前の古いjavaプログラムは -Xmx=512m または -Xmx 512m を受け入れました。現在ではこれらの不正な引数はエラーメッセージをスローします。

仮想マシン選択

現在のMicrosoft Windowsでは、既定でJavaは主にC:\Program Files\Javaディレクトリにインストールされます。追加で、C:\Program Files\Oracle\Java\にも配置されます。ここにはPATH環境変数のターゲットとして、.\javapath\ディレクトリが存在します。これは、3つの仮想ファイルjava.exejavaw.exejavaws.exeのホームディレクトリです。これらのファイルは、現在のJavaインストールからのシンボリックリンクです。

64ビットWindowsの古いバージョンでは、32ビットモードのJREが追加でインストールされていることがあります。また、いくつかのブラウザは、制限された機能を持つ独自のJava仮想マシンを持ってきました。そのような場合、ブラウザからのWeb Startは、パソコンにインストールされたJavaではなく、ブラウザにインストールされたJavaを使用します。

\Windows\SysWow64に他のjavawebstartが入っていないことを確認します。Javaコントロールパネルでは検出されないので、安全に削除できます。クリーンアップを行い、各JREの最新版のみを残しておきましょう(32ビットモードでは1つ、64ビットモードではもう1つ)。

JNLP用にデスクトップ上に作成され、Javawebstartランチャーを実行しているショートカットについては、VMオプションの前に中間スペースを入れずに、先頭に-JをつけたVMパラメータを渡すようにしてください。32ビット版と64ビット版の両方をインストールしている場合、64ビット版のVMを選択したい場合は、"d64"オプションを渡す必要があります。一部のオラクルのドキュメントページでは、オプション"-D64"の大文字表記は間違っていることに注意してください。

Windowsデスクトップ上のショートカットを編集したコマンドラインの例:

javaws.exe -J-d64 -J-Xmx2048m  josm.jnlp

Windowsでのjosm.exe

Microsoft Windowsへのインストールにjosm-setup.exeを使用すると、次のことが実行されます。

  • josm-tested.jarjosm.exe ファイルをユーザーが選択したディレクトリに置きます。デフォルトは C:\Program Files (86)\JOSM\ です。
  • ファイル拡張子 *.osm*.gpx*.osm*.gpx のターゲットとしてjosm.exeを登録することを提案します。
  • JOSMのショートカットをデスクトップとスタートメニューに配置するように提案します。(現在は管理者用に配置されており、そこからコピーすることができます。#11398
  • プラグイン画像オフセットデータベースとターン制限を提供するかどうかを尋ねます。
  • 適切な場所にアンインストールデータを追加します。

josm.exeが起動すると、jarファイルのディレクトリが検索され、 \path\to\javaw.exe -Xms128m -Xmx1024m -jar \path\to\josm-tested.jar コマンドが実行されます。 josm.exeはラッパーとして動作し、ポータブルです。

josm.exeが引数--l4j-debugを見つけると、書き込み可能であれば、ログファイルlaunch4j.logをカレントディレクトリに書き込みます。他のいくつかの オプションも可能ですし、通常のJOSMプログラム引数も可能です。例:

# JOSMの起動中にログを書き、OSMデータをロードする
josm.exe --l4j-debug https://www.osm.org/way/476702262

Java VMにJavaオプションを与えるために、josm.exeはそのディレクトリにあるオプションのファイルjosm.l4j.iniを使用します。このファイルでは、各オプションは個別の行を必要とし、コメントも可能で、詳しくは追加のJVMオプションを参照してください。

32ビットのプログラムでありながら、josm.exeは64ビットのWindowsでは64ビットのJavaが必要なようです。

macOS でのエラー

Dialog for granting access to run JOSM

インターネットからのダウンロード

JOSMを初めて起動すると、「"JOSM.app"はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。」というメッセージが表示されます。JOSM.appまたはjosm.jnlpを右クリックまたはctrl+クリックして「開く」を選択してください。同じメッセージが表示されますが、今回は「開く」を選択します。

brewを使用する

MacOSユーザーは、JOSMインスタンスをインストールして更新するために、homebrew パッケージマネージャを選択することができます。brew cask を使うと、上記の問題の大部分が解消されます。

ターミナルでbrew cask install josmを実行してインストールするか、brew cask upgrade josmを実行して現在のテスト済み版のJOSMにアップグレードします。

既知の問題

未解決の問題 ...:

Last modified 3 months ago Last modified on 2020-10-19T09:56:47+02:00