wiki:Ja:Help/CommandLineOptions

書式:

java <Java-options> -jar josm.jar <options> [file]

オプション:

--help|-h                                 このヘルプを表示
--geometry=widthxheight(+|-)x(+|-)y       UNIX標準のウィンドウサイズ指定
[--download=]minlat,minlon,maxlat,maxlon  指定した領域をダウンロード
[--download=]<URL>                        URLで指定した場所をダウンロード (URL中で lat=x&lon=y&zoom=z を指定)
[--download=]<filename>                   ファイルを開く (ファイル/開く メニューで扱える全てのファイルタイプを指定可能)
--downloadgps=minlat,minlon,maxlat,maxlon 指定した領域のGPSデータをダウンロード
--downloadgps=<URL>                       URLで指定した場所のGPSデータをダウンロード (URL中で lat=x&lon=y&zoom=z を指定)
--selection=<searchstring>                指定した検索基準で選択
--[no-]maximize                           最大化の状態で起動
--reset-preferences                       設定をデフォルトにリセット
--load-preferences=<url-to-xml>           指定したXMLファイルから設定を読み込み
--set=<key>=<value>                       設定項目を指定して変更
--language=<language>                     言語を指定
--version                                 JOSMのバージョンを表示して終了

Javaシステム属性のオプション

-Djosm.home=/path/to/JOSM/folder/         全てのユーザ設定フォルダを変更

タスクによってはJOSMは大量のメモリを必要とします。 割り当てメモリの最大値をメガバイト単位で指定するには、以下のJavaオプションを追加する必要があります。 逆に遅いシステムやメモリをあまり積んでいない場合には、JOSMを安定して動作させるためにメモリ消費を制限することもできます:

-Xmx...m                                  Javaの最大ヒープサイズをメガバイトで指定

java -jar josm.jar track1.gpx track2.gpx london.osm
java -jar josm.jar http://www.openstreetmap.org/index.html?lat=43.2&lon=11.1&zoom=13
java -jar josm.jar london.osm --selection=http://www.ostertag.name/osm/OSM_errors_node-duplicate.xml
java -jar josm.jar 43.2,11.1,43.4,11.4
java -Djosm.home=/home/user/.josm_dev -jar josm.jar
java -Xmx400m -jar josm.jar
java -jar josm.jar --set=expert=true

パラメタ --download, --downloadgps, --selection はこの順番に処理されます。 --selection を使う場合は先にデータを読み込むようにしてください。

Last modified 7 years ago Last modified on 2012-12-26T05:22:43+01:00