wiki:Ja:Help/Menu/File

メインメニュー > ファイル

ファイルメニューの標準メニュー項目

source:trunk/images/new.svg 新規レイヤー Ctrl+N 新しいOSMデータレイヤーを作成します
source:trunk/images/open.png 開く... Ctrl+O 新しいレイヤーでファイルを開きます
source:trunk/images/openrecent.png 最近使用したファイルを開く 新しいレイヤーで最近使ったファイルを開きます
source:trunk/images/openlocation.png 場所を開く Ctrl+L 指定されたURLからOSMデータを読み込みます
source:trunk/images/save.png 保存 Ctrl+S 現在のアクティブなレイヤーのデータをファイルに保存します
source:trunk/images/save_as.png 名前をつけて保存... Ctrl+Shift+S 現在のアクティブなレイヤーのデータを新しいファイルに保存します
source:trunk/images/exportgpx.png GPXにエクスポート... Ctrl+E 現在のデータレイヤーをGPXファイルにエクスポートします (上級者モードのみ)
source:trunk/images/download.png データのダウンロード... Ctrl+Shift+Down OSMサーバからデータをダウンロードします
source:trunk/images/downloadprimitive.png オブジェクトをダウンロード... Ctrl+Shift+O OSMオブジェクトをID指定でダウンロードします
source:trunk/images/download.png 親のウェイ/リレーションをダウンロード... Ctrl+Alt+D 選択中のノードを含むウェイや、選択中のオブジェクトを参照するリレーションをダウンロードします
source:trunk/images/updatedata.png データを更新 Ctrl+U 現在のデータレイヤー上の境界囲み内のデータをサーバから再読み込みします
source:trunk/images/updatedata.png 選択を更新 Ctrl+Alt+U 選択中のオブジェクトをサーバから再読み込みします
source:trunk/images/updatedata.png 編集を更新 Ctrl+Alt+M 現在のデータセット上で変更されたオブジェクトをサーバから再読み込みします
source:trunk/images/upload.png データをアップロード... Ctrl+Shift+Up 現在のデータレイヤーで追加・変更・削除されたオブジェクトをサーバにアップロードします
source:trunk/images/uploadselection.png 選択をアップロード... Ctrl+Alt+Shift+U 選択中の追加・変更・削除されたオブジェクトをサーバにアップロードします
source:trunk/images/closechangeset.png 開いた変更セットを閉じる... Ctrl+Alt+Q 開いた変更セットを閉じます (上級者モードのみ)
source:trunk/images/restart.png 再起動 Ctrl+Alt+Shift+J JOSMを再起動します
source:trunk/images/exit.svg 終了 Ctrl+Q JOSMを終了します

ファイルメニューの追加メニュー項目

ダウンロードしてインストールしたプラグインによりますが、新しいメニュー項目はファイルメニューに追加されます。

オブジェクト削除のやり直し...? Alt+Shift+U OSMプロジェクト

関連項目


ヘルプに戻る

Last modified 3 months ago Last modified on 2018-11-12T01:56:32+01:00