wiki:Ja:Help/AudioMapping/GPSWaypoints

他の言語:

オーディオマッピング: GPSウェイポイントと連続記録した音声

この方法によるオーディオマッピングでは、GPSデバイスで ウェイポイントの位置を記録しながら対象に関する説明を 連続音声で記録します。 音声トラックの同期と校正をしておくと 各ウェイポイントの説明を再生するのが便利になりますが 地理情報的な厳密さには影響しません。

手順:

はじめる前に

  1. ボイスレコーダの校正を確認してください。

サーベイ中

  1. ボイスレコーダを開始してGPSのfixを待ちます。
    • ボイスレコーダを先に開始しておくと同期が少し楽になります。

  1. GPSがfixしたら現在位置が正しいことを確かめるために移動を開始したいと思うでしょう。
  1. GPSデバイスでウェイポイントを記録するのと同時に音声トラックに合図を記録します。 例えば"同期準備: 3, 2, 1, スタート!"といった具合です。
  1. サーベイを行ないます。 音声記録を残すときにはしゃべる直前にGPSデバイスでウェイポイントを作成します。 POIに関してはウェイポイントでその位置が正確に示されるようにします。 通りの名前については位置の曖昧さがなければ十分です。
    • GPSデバイスがウェイポイントに自動的に番号を付与しない場合、名前を付けることを検討してください。
    • 理想的には説明を記録する前にウェイポイントの名前や番号を記録すべきでしょう(例: "point 32: イギリス国教会、St Luke's、道路から30mのセットバック")。 これは必須ではありませんが、後で再生したときにそのときどこにいると考えていたのかを確認することができます。
  1. サーベイ中に一時休止してGPSデバイスのスイッチをオフにしたい場合、可能ならボイスレコーダを記録状態のままにしてください。 後でJOSM上で同期するのが非常に楽になります。

コンピュータ上

  1. GPSデバイスから軌跡データをGPXファイルとして取り出します。 さらにレコーダから音声データをWAVファイルとして取り出します。
    • JOSM(実際にはJavaに組み込まれた音声処理機能)はWAVファイルの全ての種類のエンコーディングを認識することはできません。 必要に応じて(JOSMはその旨表示するので)、例えばAudacityなどを使って録音データを適したフォーマットに変換してください。 8kbps 16bitで良いでしょう。
  1. GPXファイルを開きます。 軌跡を表示するGPXレイヤーが作られます。
    • GPXファイルに明示的にウェイポイントが含まれている場合、それらを表示するマーカーレイヤーも作られます。 オーディオ設定の'GPX読み込み時に音声マーカー以外も作成する'のチェックを外せばこの挙動を無効にできます。
  1. GPXレイヤーのコンテキストメニューから音声のインポートを選んで音声ファイルをインポートします。 WAVファイルを指定すると音声マーカーを表示するマーカーレイヤーが作られます。
    • 例えば'start'というマーカー一つだけしかないなど期待したマーカーが表示されない場合、オーディオ設定の'オーディオをインポート時、次からマーカーを作成...'という区分の設定でどのようなマーカーを作成するかを指定する必要があります。
      1. '有効なタイムスタンプによる明示的なウェイポイント'がオフになっているかもしれません。
      2. ウェイポイントにタイムスタンプが記録されていないか、日付だけが記録されて時刻が含まれていないかもしれません。 この場合、明示的なウェイポイントのオプションではなく時刻推定のオプションを選ぶと良いでしょう (ドイツのGPSデバイスではウェイポイントにタイムスタンプが付かないのが普通です)。
      3. GPSデバイスによってはそれぞれのウェイポイントではなく個々の点に対して名前や番号を付けるものがあります。 '名前付き即位点'のオプションを有効にしている場合、JOSMは音声のインポート時にこれらを認識することができます。
    • 音声マーカーのアイコンのそばに名前や番号が表示されない場合、オーディオ設定の'音声マーカーにラベルをつける'を有効にしてください。
  1. 音声トラックをGPSデータと同期してください。 二つのやり方があります。
  1. 各マーカーを再生して、その場所で説明を記録した道や地物をいつものやり方で作成してください。
    • 音声の再生が思ったよりも早まっている場合や録音したコメントの途中から始まってしまう場合は:
      1. きちんと校正できていない可能性があります。
      2. マッピング中に話し始めるのが早すぎるか遅すぎるかもしれません: オーディオ設定の'Lead-in 時間'を設定することで待ち時間を入れることができます。
      3. 後の方のマーカーでもう一度(上記4の通り)同期する必要があるかもしれません(録音中に一時停止したかもしれません)。 再同期はそれ以降のマーカーにしか影響せず、以前のマーカーについては変更されません。

音声メニューから一時停止や再生を制御できます。 オレンジ色の再生点表示を録音した個々の場所にドラッグすることもできます。


オーディオマッピングに戻る
ヘルプに戻る

Last modified 8 years ago Last modified on 2013-04-18T05:32:42+02:00